シグマDP1/2用 JJCオートレンズキャップ

画像

オリエンタルホビー(通称:オリホビ)にネット注文していた、JJCオートレンズキャップが届きました♪

それなに? って方に・・・

電源ON/OFFのレンズ繰出し収納で自動的に開閉するヒンジタイプのレンズキャップで、レンズキャップを着けたままでDPの電源をONに出来る代物。リコー自動開閉式レンズキャップ(LC-1)のそっくりさんと言ったところです。

中国メーカー製でJJCと言う会社が作っています。

レンズキャップを電源ONのたびに、いちいち外すのは面倒だし紛失の元。外し忘れて電源ONすると、外せってカメラに言われるし。なので、レンズ保護のためにフードアダプターに保護フィルターを付けて携行してました。
でも、このフードアダプターの出っ張りが邪魔でかさ張るし往生していました。

ネットを見てたら、リコー自動開閉式レンズキャップ(LC-1)とシグマレンズキャップ(LCP-11)を合体して、DP用のオートレンズキャップを自作した例もあったので、僕もやってみようかと思っていたところに、オリホビのメルマガでモニター販売されていることを知り速攻で注文してしまいました。


むき出しのままとは思っていませんでしたが、割とちゃんとしたパッケージに入ってました。

パッケージの表
画像


パッケージの裏
画像


JJC オートレンズキャップ シグマDP1/DP1s/DP2/DP1x専用 型番は/ALC-2

モニター販売で、 通常価格/1,890円 のところを 1,470円
2個で送料込みの 3,440円也


DP1s/DP2の電源OFFの状態
画像


DP1s/DP2の電源ONの状態
画像


OFF状態のDP2を上から見たら。
画像


ON状態のDP2を上から見たら。
画像


カメラの写真からも分かるように、ケラレは発生しないでしょう。
この状態で、2回ほど山に連れて行きましたが、出来上がりの写真にケラレは発生していません。

基本、ストロボは使いませんが、機会があったら使ってケラレの有無を調べてみたいと思います。


カメラやレンズキャップにとっては、かなり過酷な条件下(雪・氷点下等)で使用していますが、今のところは根を上げずにキッチリと働いてくれています。
いたってシンプルな構造なので、普通に使っている分には、そう簡単には壊れないでしょう。 
落としたりは論外ですが・・・。

今のところは、とても快適に使用できていますので、買って正解でした。



しかし、物撮りは難しい!

出来上がりの写真を見ると、埃はいっぱい写っているは、形は歪んでいるはで、見っともないったら・・・。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

さんま
2011年02月08日 18:33
ぴろしさん、こんばんは。
(前回コメントについて)
>週末から週初にかけて雪がかなり降ったでしょうから、また縦走路は通行止めかもしれませんね。次こそは縦走路開拓を楽しめるかも!
2月5日(土)に椎原峠から矢筈峠へ縦走しましたが、唐人の舞の手前の笹原から広場付近までは通行止めでした。たまたま一緒になった方と2人で協力しながら縦走路を開拓し、無事広場まで到着しました。縦走路のかなりの部分は倒木で塞がれていましたので、木の少ないところを選んで歩きました。場所によっては雪の深さが腰くらいのところもあり、かなり体力を消耗してしまいましたが、充実した時間となりました。
ぴろし
2011年02月08日 20:31
さんまさん、こんばんは。
さんまさんは、土曜日に椎原峠~矢筈峠を縦走されたんですね。僕は翌日の日曜日に、小富士直登~矢筈峠を歩きました。土曜日はどうしても外せない用事ができて山に行けなくて。
日曜日は、さんまさんのお蔭で、大変楽をさせてもらったようですね。
縦走路を迂回しながら、縦走路からだとけっして見ることの出来ない風景が見れたりで、得した気分で歩くこともできました。
しかし、日曜日に山に行くと、どうしてもブログを作成する時間が取れず、まだ半分も出来上がっていません。このまま週末に突入して、くじゅうに行ってしまいそうです。果たしてブログはいつ出来上がるのでしょうか?

この記事へのトラックバック