夏のくじゅう連山を楽しむ≪1日目≫

画像

2010年8月20日(金) 
連続休暇の4日目で~す♪
大崩山登山を中止して、その代わりとして夏のくじゅうにやってきました。
前日の22時40分ごろ長者原に到着し、お決まりの車中泊。

朝3時に起床して、着替え食事等を済ませて大曲Pに移動。最終チェックを済ませて4時ジャストに登山開始です。

目指すは、三俣山(南峰)から望むご来光ですが、時間的にはチョイと難しいかも。
せめて3時30分には出発したいところでしたが、準備に手間取ってこの時間になってしまいました。

大曲より沢を渡り、黒ボクの滑りやすい登山道を慎重に歩き、硫黄山鉱山道に合流。(4時16分)

舗装された歩き易い鉱山道を歩いていると、ヘッドランプの光にゴミのようなものが照らし出されて、周囲を見回すとガスが漂っているようです。上空に瞬いていた星も今は見えなくなっています。

ガスが吹き抜けるすがもり越へのキツイ登りを克服して、4時48分にすがもり小屋に到着。

周囲は完全なガスのなか。笹はガスで濡れているだろうから、久しぶりにスパッツをつけて三俣山に取り付きます。(5時ジャスト)

一向にはれる気配のないガスに半ば諦め気味に滑りやすい登山道を登っていきます。

西峰は今回パスして本峰へのバイパスをショートカット。一旦下って再度の登りを時間を気にしながら歩いて、5時36分に本峰に到着。

少し明るくなってきましたが、相変わらずのガスのなか。

南峰に急ぎますが、ガスが晴れそうな兆候は全くありません。ここで、登山道脇に咲くアキノキリンソウを見つけ、ご来光は諦めて撮影開始。
とにかく風が強くて、風が弱まる一瞬を待っての撮影は時間がかかります。画面右上の草は風でブレブレです。
画像


ガスで濡れた木々が覆いかぶさる南峰への登山道を全身濡れながら歩いて、6時17分に南峰に到着。

ご覧の通りご来光は大撃沈。
画像


南峰周辺には ママコナ(飯子菜)/ゴマノハグサ科 がたくさん咲いていました。
画像


ガスに濡れた、まだ咲いていない フクオウソウ(福王草)/キク科
画像


ガスが晴れないか、1時間ほど山頂に待機しましたが、その気配もなく次に移動することにしました。(7時12分)

次なる目的地の雨ガ池へ向けて、小鍋の縁を全身濡らしながら歩いていきます。

そんななか、小さい花が密集して咲いてました。
シモツケ(下野)/バラ科 のようです。
画像


花を愛でたり、小鍋の縁からガスに煙る景色を眺めたりしながら、7時58分に雨ガ池への分岐に到着。

今までの下りは序の口で、これから更なる急坂の下りに入っていきます。

ここを登った事はありませんが、下るのは2度目です。丁度同じような時期で目的も同じだったような。


超急坂の下りは、慎重に手足をフル稼働して下る為、案外転ばないものです。

しかし、高度もかなり下がってきて、傾斜も緩み・気も緩みで、黒ボクの登山道でスリップして2度の大転倒。

ザックがデカイおかげで、転倒してもザックがクッションになってズボンのお尻を汚すことはないものの、ひっくり返ったカメよろしく、仰向けでジタバタ・ジタバタ。 登山者がほとんど通らない路でよかったですぅ。

そんなこんなで、天ガ池の手前までやってきました。僕の記憶によれば、この辺りにサワギキョウが群生しているはず?だけど・・・。 ここかと思っていた場所より少し先に咲いてました♪

サワギキョウ(沢桔梗)/キキョウ科
画像

画像

時間の許す限り、撮って・撮って・・・。 まだまだ、お見せしたいのですが、他の花もあるので、この程度で。

さて、今日こちらに下りてきた目的の場所に移動します。

雨ガ池からだと、三俣山に向かう登山道の途中にある、天ガ池です。
静かな水面に映る三俣山の北面がとてもキレイです。
画像


こちらのサワギキョウは天ガ池の奥に群生しています。今が見頃となっています。
結構たくさんの方が訪れているようで、サワギキョウの周囲には踏み後がたくさんあります。
画像


撮影ストップが多すぎて・・・。時間がかなりオーバーしています。雨ガ池への登山道を急いで歩きます。急な下りは慎重に難なくクリア。ホッとしたのもつかの間、何のことは無い段差で、またもや転倒! 同じくお尻は無事でしたが、飛び出た木の枝で腕をケガしていたようです。  下山後のお楽しみ♪温泉で傷がしみる~~!

とかなんとか、やっとの事で雨ガ池に到着。(10時17分)

花、咲いてますね~。 サイヨウシャジン・マツムシソウ・ママコナ・オトギリソウ・ワレモコウ・・・・。

ワレモコウ(吾亦紅)/バラ科 と 平治岳。
画像


サイヨウシャジン(細葉沙参)/キキョウ科 マツムシソウ(松虫草)/マツムシソウ科 と 三俣山
画像


またまた、長居をしてしまいました。坊がつるに向かうことにします。(10時56分)


坊がつるに入る手前で、登山道脇にひっそりと咲く花を発見。見たことがないので、撮影することにしました。
通りがかった登山者から、アカバナではと教えていただきました。ついでにコウライトモエソウの咲いている場所も教えていただきました。

アカバナ(赤花)/アカバナ科
画像


教えていただいた場所に向かう途中で、イブキトラノオがポツポツと咲いていました。

イブキトラノオ(伊吹虎の尾)/タデ科
画像


では、教えていただいた花。

コウライトモエソウ (高麗巴草) /オトギリソウ科
画像

画像


坊がつるに咲く花さんたちです。 テントの花もたくさん咲いていました。

ネジバナ(捩花)/ラン科
画像


オタカラコウ(雄宝香)/キク科
画像


ミソハギ(禊萩)/ミソハギ科
画像


ワレモコウ(吾亦紅)/バラ科  こんな感じで、上から下に開花していくんですね~。
画像


ふぅ~、坊がつるで遊びすぎかな?

既に大曲Pを出発してから、9時間ほど経っているようです。

毎度の事ながら、早朝に出発すると時間の感覚がマヒしてしまって・・・。ついつい、行動時間が長くなってしまいます。この調子だと大曲Pに帰着するころには、12時間ぐらい経過してるかも。

さて、少し急いで法華院温泉山荘に向かいます。
画像


13時28分に到着して、軒先を借りて休憩することにします。
夏休みですね~。 山荘の談話室は高校生?に占拠されていて、とても入れる状態ではありません。

ここでの休憩の定番。自販機でコーラを買ってシュワッと爽やかに、糖分と水分の補給をします。ついでに持参のパンを食べて、エネルギーの追加充填!

これからの行動のエネルギーがたまったところで、山荘から北千里ガ浜への登りへと向かいます。(13時58分)

山側から出水する、歩きにくい登山道を登って、落石注意のガレ場を過ぎて、北千里ガ浜まで登ってきました。

今日も僕の好きな風景に出会うことができました。 北千里ガ浜の白い砂と噴煙を上げる硫黄山♪
画像


白い砂をシャクシャクと踏みしめ、ゴーロのすがもり越への登り(山行終盤でのこの登りはキツイ)を克服し、14時33分にすがもり小屋に到着。

小屋で休憩する高校駅伝部の生徒の気持ち良い挨拶に元気をもらいました♪

さすが、現役高校生と顧問の先生、元気が違いますね~、これから三俣山に登るそうです。

登る姿を見送って、登るの早いですね~、もう小さくなってしまいました。

さて、僕も温泉が待っているので、大曲Pへ急ぐことにします。(14時42分)

すがもり越からのゴーロを淡々と下って、休憩禁止の鉱山道を急いで歩いて、安全地帯で長者原の景色を堪能。
画像


鉱山道から滑りやすい、黒ボクの大曲までの下りを無事に通過し、15時17分に大曲Pに到着。

さぁ~、温泉にGO!

一日の汗を気持ちの良い温泉で洗い流しサッパリしました。傷はしみましたけどね!

長者原に戻って、タデ原湿原を散策して、目的のヒゴタイを撮影することが出来ました。
画像

画像

画像


満天の星空と涼風が吹きぬける長者原で今日も車中泊。 

長者原には明日の登山に備えて、前泊する車が徐々に増えてきたようです。そうだ、明日は土曜日だ!

昨日に引き続きキャンピングカーは多いですね~。ゆっくりベットで寝れるだろうから羨ましいな!

さて、明日も早起きの予定ですから、早目に就寝することにしましょう。 ・・・・・ 2日目に続きます。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

川○
2010年08月23日 22:39
ぴろしさん こんばんは。
20日くじゅうに来てたのですね。くじゅうを楽しんでますね。私は21日は五葉岳へ行ってましたが 17日は牧ノ戸をAM2時過ぎに出て朝駆けしたのですが ガスで2m先が見えなくて やっと久住非難小屋まで行ったのですがガスは抜けなく私も撃沈でした。夏のくじゅうはガスで悩まされます。21日は良かったのではないのでしょうか 2日目も期待してます。
ほりっち
2010年08月24日 07:17
連続休暇を~攻めてますねぇわーい(嬉しい顔)シモツケ桜カワイイぴかぴか(新しい)exclamation×2桜富士山カメラそろそろ交代作品がやって来ますかうれしい顔
ニシハジメ
2010年08月25日 01:03
こんばんは!中岳・天狗でお会いしたニシハジメと申します。
あの日は本当に快晴でいいくじゅうでしたね。
なかなかないいいコンディションで山歩きできて、自然を愛する大先輩とお話しできて、
本当に素晴らしい山行になりました。

それにしても玄人裸足の素晴らしい写真ですね。
本当に生き生きしてて感動しました。
私はただただ歩いてるだけで見落としてることばかりです。

また山でお会いしましょう!
ぴろし
2010年08月26日 19:51
川○さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。そして、返事が遅くなり申し訳ありません。
朝駆けは、行って見ないと分からない、賭けみたいなものですね。ダメ元で行って良い思いをしたり、今日は良いぞ!と思って行ってみたら、あららだったり。良い思いをしたかったら数打つしかないですね。しかし、川○さんも朝駆けしたり、アッチ行ったりコッチ行ったりパワフルですね。
帰りが遅くて、2日目に全く手が付けられないでいます。(涙)
残暑厳しい折、川○さんも体調には気をつけられて、花撮影を楽しんでください。
ぴろし
2010年08月26日 19:58
りっちさん、こんばんは。
元気にしてますか? 連続休暇の7日間中4日間山にいきました。おかげでネタはたまりましたが、ブログアップにアップアップです。(笑)
失礼、へたなダジャレでした。ネタには困りませんが、プリントできる写真となると・・・。良いのがないんですね~。放置してるわけじゃないんですよ!
ってことで、しばしお待ちください。
ぴろし
2010年08月26日 20:06
ニシハジメさん、こんばんは。
その節は楽しい時間をありがとうございました。大先輩だなんて、チョットだけ装備が大袈裟なだけですから。山行と写真をセットでやるようになってから、まだ3年程度ですが、ドンドン写真にのめり込んで行き、担ぐ撮影機材が増える一方なんです。まっ見ての通りですが。
是非また山でお会いしたいと思っています。
今度は背振山系で会いましょう。楽しみにしています。

この記事へのトラックバック